検索
  • 寛紀 住吉

今良ければいいのか、未来を見据えれるのか

先日、企業に挨拶に行くと、税金に対してこんな不満を聞いた。


「事業所税って知ってるか?」


私は恥ずかしながら知らなかったが、事業税のことかと思って知ったかしながら聞いていた。(知ったかしてるつもりはなかったのだが、途中から、あれっ、違うなと感じた)


事業所税とは

人口30万人以上の都市が、企業の業績にかかわりなく一定の規模以上の事業所に課す地方税のことで、1975年に創設された。

色んな控除はあるものの、床面積の合計が1000平方メートルあると、1平方メートルあたり600円課税されるものだ。


姫路市もこの税金はあり、約40億円ちかくの税収となっている。

元々は都市部に企業が進出していたのを分散するために高度経済成長期時代に創出されたようだが、今となっては企業の姫路市への進出を阻害している要因の一つとなっている。


そもそも、床面積が広いから税金をかけるのであれば、業種によって不公平感もでてくるし、そもそも今の時代には姫路のような地方都市の発展を阻害していいるような気がしてならない。


市の行政からすると、大きな税収なので、廃止にしたくないかもしれないが、

姫路市の発展を考えると、この事業所税というのは足かせになっている。


今の大きな税収をとるのか、姫路市が持続可能な発展をするために、大きな決断をするのか、非常に重要である。


そもそも、このような今の時代に合わない法律や慣例がたくさんあるわけで、そのような規制緩和や法改正はしがらみのない日本維新の会でしかできないところである。


我々、一致団結して日本をより良い方向に進めてまいります。

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

市民からの質問②(なぜ維新という名前なのか?)

皆さん、こんにちは。 毎日駅立ちをしていますと、様々な意見交換をさせていただき、ありがたいです。 先日は維新の名前について質問がありました。 明治維新とは中央集権体制を構築していったものです。 今、日本維新の会は地方分権を推進しているので、逆行しているのではないか?と。 この質問に対して、維新の所属の議員は様々な答えがあると思います。 何が正解というのはないですが、私の考えは以下の通りです。 江戸

市民からの質問①(不登校対策について)

皆さん、こんにちは。 久しぶりのブログです。 先日、駅立ちの際に姫路市の不登校対策について質問がありました。 これだけ技術が発達した中において、不登校の生徒に対して、オンラインを活用して対策ができるのではないかというご提案で、 姫路市ではどのような取り組みをしているのかとのこと。 ブログで発信しますと言いましたので、こちらから回答いたします。 姫路市では小中学校全生徒にタブレットを貸与という形で配

国難においての政治家

こんにちは。 衆議院兵庫11区支部長の住吉ひろきです。 コロナという国難において、本来なら国民が一致団結して乗り越えていかなければならないところですが、 政治家の様々な問題が毎日のように報道されています。 私の地元姫路市でも副市長が退任するということで、非常事態となっています。 「機嫌を損なうと事業に影響が…」姫路市副市長、市議の要望に不透明な対応|姫路|神戸新聞NEXT (kobe-np.co.