検索
  • 寛紀 住吉

政治家の年末年始

みなさん、こんにちは。

今年は一年中コロナに振り回された一年でした。


私達政治家は公職選挙法によって活動が制限されていますが、

どのようなことが制限されているのか知っている人は少ないと思います。


例えば、年の瀬に送るお歳暮

お歳暮を選挙区内の人に送ることは禁止されています。


最近では減ってきた年賀状

年賀状を選挙区内の人に送ることは禁止されています。


ただし、返答の際の自筆の年賀状はOKとなっています。

返答でないと無差別に送ることが可能となってしまいますので、規制するのはいいとして、

なぜ自筆でないとだめなのか、よく分かりません。


コロナで中止になったところも多いですが、

忘年会や新年会で政治家が選挙区内の人に奢るということは禁止されています。


色々と制約があり、特に年賀状は勘違いされている方も多いと思いますが、

私から年賀状を送ることはないので、ご理解いただけたらと思います。


しかし、この公職選挙法も

時代にあったように変化させていく必要がありますね。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

市民からの質問②(なぜ維新という名前なのか?)

皆さん、こんにちは。 毎日駅立ちをしていますと、様々な意見交換をさせていただき、ありがたいです。 先日は維新の名前について質問がありました。 明治維新とは中央集権体制を構築していったものです。 今、日本維新の会は地方分権を推進しているので、逆行しているのではないか?と。 この質問に対して、維新の所属の議員は様々な答えがあると思います。 何が正解というのはないですが、私の考えは以下の通りです。 江戸

市民からの質問①(不登校対策について)

皆さん、こんにちは。 久しぶりのブログです。 先日、駅立ちの際に姫路市の不登校対策について質問がありました。 これだけ技術が発達した中において、不登校の生徒に対して、オンラインを活用して対策ができるのではないかというご提案で、 姫路市ではどのような取り組みをしているのかとのこと。 ブログで発信しますと言いましたので、こちらから回答いたします。 姫路市では小中学校全生徒にタブレットを貸与という形で配

国難においての政治家

こんにちは。 衆議院兵庫11区支部長の住吉ひろきです。 コロナという国難において、本来なら国民が一致団結して乗り越えていかなければならないところですが、 政治家の様々な問題が毎日のように報道されています。 私の地元姫路市でも副市長が退任するということで、非常事態となっています。 「機嫌を損なうと事業に影響が…」姫路市副市長、市議の要望に不透明な対応|姫路|神戸新聞NEXT (kobe-np.co.