検索
  • 寛紀 住吉

若者の政治離れ

皆さん、こんにちは。

若者の政治離れについてですが、

昨年行われた参議院選挙を見ると、10代の投票率は32%、20代の投票率は30%に対して、

一番投票に行っている60代は63%です。

このデータを見ると、若者の政治離れが進んでいるように思えます。

私は若者が地域社会の無関心を打破するために、昨年一年間様々な取り組みを行ってきました。

学校に見学に行ったり、いろんな先生と意見交換する中で、

教育現場でも地域社会を題材に授業が行われていたり、そのことについて主体的に取り組む多くの学生がいることを知りました。


ではなぜこうも若者の投票率が低いのか?


私は小さいころにカズやラモスに憧れてサッカーを始めました。

将来の夢はサッカー選手です!!くらい言っていたかもしれません。(才能がなかったので、いつの間にかその夢を持たなくなりましたが、、、)

でも、カズやラモスが日の丸を背負って、必死になっている姿を見て、私も必死になって応援していたことを思い出します。


話が脱線しましたが、今の政治家に若者が憧れを持つでしょうか?

緊急事態宣言によって、多くの皆様が負担を強いられています。

そのような中で、国会議員は特別扱いだといわんばかりの態度や言動には怒りすら覚えます。

地域を回る中で、緊急事態宣言によって大きく売り上げが下がったにも関わらず、協力金や支援金から漏れている業種もたくさんあります。

それでも従業員を養うために必死になって、歯を食いしばりながら頑張っている経営者もおります。そのような悲痛な声を聴いていたなら、あのような夜の会食や国民に嘘の説明をすることなど、できるはずがありません。


もちろん、この世に完璧な人間などいません。誰しも過ちを犯します。

コロナ対策も正解がわからない、手探り状態です。

それでも、その中で精いっぱい頑張っている、なんとか元の生活に戻そうと試行錯誤を繰り返しながらもがいている政治家の姿こそ、今の若者や子供たちに最低限見せていかなければならない姿ではないでしょうか。

自分で自分を特別扱いしている国会議員の姿を見て、政治に興味を持つ若者などいるのでしょうか。


若者の政治離れを「今どきの若者」と一括りにして、責任を押し付ける論調がありますが、

若者の政治離れの要因の一つを作っているのは政治家そのものではないでしょうか。


もちろん、県会議員時代にも本当に地域のためを思って働いている、尊敬する議員もたくさん知っていますし、全員ではないことは承知しています。


諸外国に比べて、日本人の若者が将来への希望があると答えた人の割合が少ないアンケート結果もあります。

希望溢れる未来にしていくために、政治家が次の世代にバトンタッチするために、

本気で国民に寄り添った政治をしていかなければなりません。

120回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

市民からの質問②(なぜ維新という名前なのか?)

皆さん、こんにちは。 毎日駅立ちをしていますと、様々な意見交換をさせていただき、ありがたいです。 先日は維新の名前について質問がありました。 明治維新とは中央集権体制を構築していったものです。 今、日本維新の会は地方分権を推進しているので、逆行しているのではないか?と。 この質問に対して、維新の所属の議員は様々な答えがあると思います。 何が正解というのはないですが、私の考えは以下の通りです。 江戸

市民からの質問①(不登校対策について)

皆さん、こんにちは。 久しぶりのブログです。 先日、駅立ちの際に姫路市の不登校対策について質問がありました。 これだけ技術が発達した中において、不登校の生徒に対して、オンラインを活用して対策ができるのではないかというご提案で、 姫路市ではどのような取り組みをしているのかとのこと。 ブログで発信しますと言いましたので、こちらから回答いたします。 姫路市では小中学校全生徒にタブレットを貸与という形で配

国難においての政治家

こんにちは。 衆議院兵庫11区支部長の住吉ひろきです。 コロナという国難において、本来なら国民が一致団結して乗り越えていかなければならないところですが、 政治家の様々な問題が毎日のように報道されています。 私の地元姫路市でも副市長が退任するということで、非常事態となっています。 「機嫌を損なうと事業に影響が…」姫路市副市長、市議の要望に不透明な対応|姫路|神戸新聞NEXT (kobe-np.co.